やだなあと思った男性

40才男性と知り合い、いきなり告白されましたが保留とし、2回目飲みに行ってきました。結果、思い通りに行かないと駄々をこねる系と判明し、非常に不愉快な気持ちになったのでここに記します。地雷をとことん踏まれて後半相手を沈黙させるほどに正論で言い返したので、気まずくなりました。

最後にまた俺から連絡すると謎の上から目線で来られましたが、もう二度と会いません。顔はよかったしおしゃれでしたけどね。こいつは無理だ。

 

1.  愚痴が攻撃的

2時間ずっとその話。しかも、そんなに気にしてない。ポーズであるとそこかしこに挟む。

 

2.  相手の都合や体調を考えないどころか否定する

ちょっと疲れたのでソフトドリンクを頼むと、おもしろくないと言い出す

 

3. 家事をさげずむ

予定を聞かれたので、明日は家のことでいろいろしないといけどないと言うと、「仕事じゃないんだろ?家事だろ?」とか言われる。

こちらは、仕事をしつつの話だ。トイレが故障し、大変なことになったのだ。

 

 

4. 周りをあまりに見ていない

愚痴の対象になった人は、1人で飲み行ったりするらしい。そこはあんたのこととは何にも関係ないのに、「1人で飲みに行くなんて寂しいし話題広がらないしおもしろくないやつだ」と、となりに1人のお客さんがいる居酒屋で言い出した。「私もたまに行くけどそれは軽蔑するの?私は楽しいけど」と切り返すと「そうゆうことじゃない」と言い出した。てゆうかあんたの向こうの隣に座ってる人、1人で来てますが。それ見えてないの?わざとなの?どうでもいいの?営業妨害でもあるってことわかんないの?

 

5. 女を当然のように下に見る

愚痴から派生した言葉。「そんな女が好きなら、とにかく付き合ってそんな格好させればいいんだよ」とのこと。

あんた、そんなこと本気で考えてんのかと人格を疑う。させればいいってなんだ。してもらうだろうが。付き合いますとの返事を保留にして本当によかった。

 

6. 自分が思っていた県民性と異なることを非難する

 

他県から来た人なんですが、うちの県のステレオタイプ的なのと今の職場の感じが違っているそうで、そこに対して文句を言ってました。

ちなみにその文句を言ってたのは、対面カウンターで「その県の人たちがやっている」お店であり、その県の人たちで賑わうお店です。