共働きの離婚率

夫婦共働きの最大のメリットは、生活に余裕が出来ることかと思います。

 

遠い記憶ですが、私の親戚もそのパターンでした。子供を産まないという選択をされたので、ご夫婦の時間をしっかりとることができ、平和にされていると思います。

子供を産まない選択について、奥さんは歳だからなど、親戚一同より陰口は叩かれていましたが....

本人らからすれば余計なお世話でしかないでしょう。

これはこれでよいかと思います、個人的には。

離婚はされてません。あそこのご夫婦は、共に働いて生きていくことについて、うまくバランスをとってやれているのでしょう。

もしかしてそれ、珍しいのでは!?と思わないこともないですが、詳細は後述します。

 

あとは、共に社会に出ているため、家庭以外の世界も知ることができ、近視眼的にならない、などでしょうか。

うちの母親は専業主婦ですが、かなり近視眼です。自分の家庭生活の世界、自分の過去の勤務経験のみで物事をすべて判断し、人の話は聞きいれません。

こちらは本人の持つ資質にもよるかと思いますが。

 

 

ではデメリットはなにかというと、上にあげたメリットと正反対のことかと思うのです。まさに、表裏一体かと。

 

まず、子供を産み育てるということについてです。

産めるのは女性のみ。となると、最低限無事に産むために一定期間以上は仕事を休まねばなりません。

そこで疑問です。奥さんの会社は産休、育休制度を完備しているのでしょうか?

仮に整備されていても、使えるような職種でしょうか。

 

整備されていたとしましょう。復帰もできたとします。では、その次です。

保育園に入れることはできますか?

ここが最も大きな分かれ目な気がします。

 

入れることができなかった場合、もちろん、育児をせねばなりません。

その間、共働きで確保していた収入は激減します。

これは仮に奥さん側が復帰、旦那さんが育児をするというパターンでも言えることです。

 

結婚前からかなり緻密な家計のやりくりが、必要ですね!

 

入れることが出来た場合。

職場に復帰する場合、お迎えの時間に帰らせてもらえる環境でしょうか。

旦那さんはどうでしょう?

お迎えをしてくれる親御さんは、近くにいるでしょうか?

これらもクリアせねばならないハードルですね!

 

もうひとつ、社会を知れるというメリットの裏返しのデメリットです。

社会を知れるということは、「相手のしょうもなさ」も知れてしまいます。

誤解を与える表現ですが。。

仕事をしてると、なんとなくわかると思うんです。

 

つまり、「自分はこんなにも頑張ってるのにこいつは、、」「同じ職場のこの人はこんなことしてるのにこいつは、、」という状況になりやすいと思うのです。

どちらかは家庭、どちらかは仕事という分担がない場合、相手と同じ目線で仕事を見てしまいませんか。

なんか、別に相手がいなくてもいいよ、、、と簡単になりそうだなあと。

お互いへの思いやりが試される状況が、比較的訪れやすそうに思います。

 

あと、一番の懸念はやはりこれです。

「二人とも仕事で疲れるから、相手への気持ちの余裕がなくなる」

 

これ、一番のネックな気はします。

 

共働きで別居となった夫婦を知ってます。仲違いが耐えない夫婦も知ってます。離婚も聞いたことがあります。更に、疲労からセックスレスに陥り、夫婦がしたいタイミングでやれず、旦那が不倫三昧というのも。

 

うまくいってるのは、奥さんがパートである、在宅仕事である、などです。比較的どちらかに時間の余裕があるパターンですね。

 

わたしは婚期逃してますがw

いま再び出会いは頑張ってます。

離婚経験ある方なんかは、原因をお伺いすると、いろいろです。

 

「専業主婦→子供ができず奥さんノイローゼ」

「共働き→子供はできたが、奥さん仕事で鬱状態、旦那さんも仕事で疲労、お互いをケアできず破綻」

「共働き→子供できず→仕事に邁進しすぎて、家庭がどうでもよくなる」

「共働き→子供できる→旦那の子育てへの要求に、奥さんついていけず。かといって仕事辞めようとも思えない→超えられない溝ができる→子供の成長と共に離婚」

 

今のところ、圧倒的に共働きが破綻してます。まあ、婚活ですからね。既に離婚した人の経験談なのであまりあてにならないかもしれませんが、、

 

それにしても、30代半ば〜40代の方、ステータスが離婚の方は多いです。これはびっくりします。

 

付き合っている時でさえ、仕事のしんどさでセックスレスにはなりがちですしね。。。

 

更に、個人的な経験談ですが、男性は自分の仕事の話しをする際、「いかに自分が大変か、すごいことをしているか」を話されることが多いです。

 

こちらも疲れてます。そんな話しをしたいです。でもそれをすると、「俺が癒されない」問題になってきます。

 

前述しましたが、突き詰めると起こる目も当てられないこと、経験してます。

そんな話しをニコニコして聞いてられるのは、最初だけなんですよ。

自分がしんどくても、自分のつらさは小出しにし、相手を思いやろうというのは、ずっとは無理なんです。

 

数ヶ月経つと、本気で腹が立ってきます。

 

「こちらの方が大変なんだけど?」

「わたしだってすごい残業で休日出勤してるんだけど?なんであなたばかり、大変かのように話すの?」

 

これを出すようになると、どうなることかと。旦那さんもしんどいんです。癒されたいから、認めて欲しいから、自分の仕事のつらさを話すわけです。

そこで自分もつらい話しをすると、もうね、最初はいいんですけどね。

 

「たいした仕事してないくせに」が出たりする。

 

そうなってくると、ほんとにいらいらしますよ(╹◡╹)

 

共働きの収入は非常に魅力的ですが、私は結婚したらパート、または自営で在宅を目指したいのです。

または、フルタイム共働きなら、旦那さんと商売する方が、まだいいです。

 

でも、婚活で見ていると、フルタイムな共働きを求める方がやはり多いですね。。

男性は、女性も仕事してたら疲れるし、愚痴も言いたくなるし、ということを本当にわかって欲しいです。

 

収入が増える代わりに、癒しを求めることや子供のことは諦めて欲しいなあ、、というのはそこが理由です。

 

家族でよりよい生活がしたいし、これからどうなるかもわからないから共働きを選ぶわけですが、そのせいで喧嘩の絶えない家庭になるなど、すれ違いが起きてしまうと目も当てられませんからね。。

自分は、フルタイム共働きで、落ち着いて旦那さんのお話を聞き、ねぎらい続けるということを、ずっとできるとは思えません。