何者にもなれない。積み重ねができないということ。

とある巡り合わせで、単発のデータ入力をしている。

 

この仕事が来た際、無職である状態だから、だらだらし過ぎずにちょうどよいメリハリをつけることが出来ると感じて、お話しをうけた。

 

メリハリという意味では正解だけれど、私は今とてつもなく落ち込んでいる。

 

今まで、私は胸を張って言い切ることが出来るような何かを積み重ねることができなかった。

派遣会社の顔合わせに行った時にもそれを薄々感じていた。

なんでもできることはできる。仕事を選ばなかったし、とりあえずやってみるをモットーにして生きて来たから。

そして、大企業に入ることは視野に入れていなかった。

 

ただ、その結果積み重ねられたのは、中小企業での経験や転職回数である。

中小企業では、なにかに特化することは難しかった。

マルチタスクで仕事を進行はさせられるが、結局頭打ちになる理由は、「やりすぎたから」。

 

どんどん、限界が見える。

自身の限界や、会社の限界など。

 

これは私のマインドにも問題がある。

なにかと比較する癖がついている。

そのくせ、変革を起こすほどのヒューマンスキルもなく、どんどん息が苦しくなる。

ここにいる限り、出口のない道の中で頑張り続けないといけないという思いに支配されてしまう。

実際、経験した会社は離職率も高い。

 

そんな環境にいることで、どんどん思いが蓄積される。別に手離してもよいのだと。問題はそこからだ。

 

手離してもよいとは思う。

辞めた会社では、やれなかったことが答えとなるから。

 

でも、認めるのはすごく苦しいけど、結局もがいていただけで、何ひとつえれていなかったではないか。

 

この道を選んだ際に、知人に言われた言葉がある。

 

「そんな会社に足を突っ込むと、なんでもやらされる上になんにも残らない。小さなことしかできなくなる。悪いことは言わないからそこだけはやめておけ」

 

それは、その通りだった。

ただ、当時の私は自信がなかった。

採用してくれるなら選んでられない。

よいところに採用なんてされるはずがない。早くお金がいる。

そう思っていた。

 

いま、1つの会社で着々とスキルや経験、人脈をためていった人たちの中で働いている。

退職者も多いようだけど、退職者は人脈を持って、誇りとなる経験を持って去ってゆく人たちも多い。

わたしにはそれができなかった。

 

腹立たしいけど、彼の言ったとおりになっている。

 

ただ、もう少し考えてみる。

父のことだ。

父は大手企業で、依願退職を打診されるまで勤め上げた。

 

でも、側から見るとなにもなくなっているように感じる。

父のようになりたくないという思いもあった。

このことについては、次の記事で書こう。

 

結局、培われた本人の性質や思考の癖によるのかもしれない。