派遣会社と派遣先との条件合わせはずれる

今までの経験を生かしつつ、即戦力として労働力を提供する。

これを望まれているのが、専門職分野での派遣労働だと認識しています。

経験とあまりにもかけ離れていなければ、あとは自身で勉強するということかと。

未経験では絶対無理ですね。

 

この前提で。。

先週、とある派遣会社からお仕事を立て続けに紹介してもらいましたが、すべてにおいて、大きなずれが発生していました。

 

派遣会社からお仕事の紹介は、可能な限り派遣会社内で擦り合わせた上で、ご連絡をいただけます。

当然そこでも個人の経験やできること、希望諸々すれ違いは出ます。

 

なので、派遣先はどこまでのスキル水準を私に求めているのか、並びにその業務ならこれは難しいと思うがとうなのだろうということを質問します。

すると返ってくる答えは、現在就業中の方へお話しを聞くと、そこまではないとのことでした。

 

ならば、と顔合わせに行くと「無理です」「勉強しながらになることを許容いただければやりたいです」というレベルのことが平然と求められていることを目の当たりにしました。

 

しかしよくよくお話しを聞くと、「たしかにこちらが発注元になるんだけど実際どんな仕事を振ることになるかわからないから、スキルは高めに設定しときたい」という意図があったり。

 

これは、あれですね。

業務いろいろありすぎて、整理できないやつです。

 

これからこんな仕事があるかもよ、ていうお題が社内で出てるけど、どうしよう対応できる人いないし人は辞めていく一方だよ!となる感じでしょう。

 

万が一ここが採用になってもスキル的に無理とわかる。そして落選する(笑)という事実を理解できるようになります。

 

一応顔合わせ後に、ここの仕事こなすのは無理だと伝え、顔合わせを受けた事実を根こそぎ忘れていました。

 

次。第1希望の、ところでした。

経験を活かせる、会社に特色あるおもしろそうなところ(但し残業は鬼ほどにはしない)を受けました。

経験業務もまったく変わらず、ほぼ即戦力でいけそう!とイメージもつきやすくて。

スキル面についても驚くほどスムーズに話しがまとまりました。ここでまさかのもつれが。

こちらの会社さまには派遣という文化がなく、そこで話しが流れました。

情報を漏れ聞くと、責任者はOK。しかし現場は「派遣社員なんてどう扱えばよいのだ。すぐに辞めるのではないのだろうか。」ということで、今回はごめんなさいとのことでした。

こうゆうのも知っています。大きく分類すると、仕事がまとまっていないゆえ、派遣社員というカテゴリの人間になにをどこまで振ればよいかわからない。そして、すぐに辞めるんじゃないだろうかという恐怖です。何も言えない。

 

そして、3件目。

さすがに「どうせ話は違ってるんだろう」と懐疑的になりながら顔合わせ。

案の定なことを、顔合わせの場で質問された私でした。

今回はまだ結果は出ていないのですが。一度、どんなものかを質問しました。

 

なんと、業務内容がこれから大きく変化する見通しがあることが発覚したそうです( ˆoˆ )/

 

派遣先も、改めてもう一度仕事の整理をしたとのことで。

出来るだけ、事前に聞いていた業務内容に即した経験をピックアップして自己紹介をしたというのに笑

 

直接面接を受けにいくのと変わりはないかもしれません。

業務担当者と仕事や経験の擦り合わせをして、初めて見えることもあります。

更に言うと、派遣でも正社員でも、実際働いてみるまで互いの様子なんてわからないのです。

また、私の雰囲気や人柄に不信感を持ったなどと言う口には出さない理由もあるやもしれません。

 

だから「この派遣会社を信頼できないんですけど....」という思いを持つこと自体が理不尽なことかもしれませんが、どうにもまだ割り切れない笑

 

派遣会社担当の方からの又聞きとは言え、派遣先の言い分も、わかるんですけどね。前の会社でその言い分を漏らす立場だったから。


ただ、、間に入っている存在があるのです。

それぐらいの情報は事前に聞き出してフィードバックはできないのものなのかしら?お互い時間をとることになるんだから。

なんなら「業務整理が追いつかないようだから、異なることを言われる可能性はある」ぐらい聞けていればなど、たらればが頭を支配。

 

それを事前にわかっていれば、絶対に受けないよ?とか。

事前にわかっているけど、興味あるから受けてみるよ?とか。

それだけで心持ちが変わるんです。

 

さて、最後の会社さんは、一応返事はまだです。

そして、別の派遣会社さんからの紹介をひとつ差し込みました。

こちらの派遣会社さんは事前に内容の二転三転具合を言ってくれました。

これだけで本当に印象が違います。

 

実際うまく仕事をやれるかは、やってみないとわからないのですが。

とりあえず、派遣社員として働くのは、時間の確保、担当業務のスリム化を目指して、です。

 

今日も、生きます。