運命に絡み付いてくる人

なんとなく流されながらも、漠然と誰かと幸せになろうとする道を模索していると、突然現れてその道を破壊するのが、好きだけど諦めていた人。

 

もちろんそんな、自分の今の具体的なことなど話していないし、その人が私の方をずっと見てくれるかというとそうではない。

 

いつもいつも、なにかを決めようとするタイミングで必ず現れる。

この人はそんなこと、一切意識していない。

すべて偶然だからすごい。

 

今回も、散々気持ちを掻き乱して去っていった。
もう、今度こそ、会えるタイミングは訪れないのかもしれない。

 

でも、ひとつ気付いたことがある。

 

わたしは、いまお付き合いしている人のことを、愛していない。愛そうともできていない。

 

突然現れ突然去りゆくこの人は、毎回わたしのそのときの道を、自覚なしに破壊する。そしてわたしに気付かせて、勝手に姿を消すのだ。

 

彼は、節々で運命に絡み付いてくる人なんだろう。

もしかするともう過去形になってしまうのかもしれないけど。