フリーで働くにおいてのリスク

自立するために、組織に属する時間を減らし、準備にあたるようバイトなりなんなりをしていくにあたりまして。


まず、覚悟は諸々いるのですが。


いま、胸を撫で下ろしてることがあります。



わたしが女性でよかったです。

そして、子供がいなくて本当に良かった!



同じ会社のあの人は、おそらくこんなこと無理だろうなと考えました。

男性、子供さん複数、奥さんも働いているという。


わたしは当面、自分が食べれたらよいということを目標にしております。

保険や税金ひっくるめ、食べていける額を組織で稼ぎ、かつ時間を確保すること、目標です。


今はほんとに無理だから。


ももし守るべき家族がいたら。

こんなリスクはれないです。

恐ろしすぎる。


なので、良かったなあと思う、昼休みです。


別れた彼氏

仕事から逃げたくて仕方なく、婚活をしまして、結果、失敗しました!!


=========================


彼氏はできたんです。

でも、今そこにある仕事に心を削られてしまい、ちょっとしたことで対応できなくなりまして。

全力で謝りました。全力で。

そして別れました。


=========================


条件だけ見ると、よかったんでしょう。

でも条件だけでは無理でして。


=========================


悪いことをしましたorz


=========================


すごく落ち込みましたよ。

別れを決めたこと自体、これでよかったのかな?的な後悔はまったくないのですけど。


=========================


よい人だったんですよね。

なんにも悪いことはしてないです。

大事にしようとしてくれてたんです。


=========================


だからこそ、、ですね。


すごくひどいことした、て方面ですごく落ち込みました。

わたしの婚活、そして受け入れ体制は、間違ってたんだな、とも。


=========================


婚活よりまず、今の自分の状況どうにかしなきゃな、ということが残りました。


=========================


同じことを繰り返すわけにはいきません。


辞意を告げるタイミング : ボーナス

今の会社は、ボーナスは業績によります。

基本、ボーナスは、出ないのです。

その代わり、わたしはそこそこ職場を変わっているにも関わらず、またそこそこな年収はいただいております。


 =========================


しかし、わたしの所属するチームにのみ、寸志が出ました。


=========================


いま、辞意を告げることは不可能です。

なぜなら、単純に、忙しすぎるから。

もうやる気も何もないですが、もう少し進めてからでないとさすがに、という心ぐらいは持ってます。


=========================


これを乗り越えたらもういいでしょ、もういいよね?


そんな矢先の寸志でした。


=========================


しかも、内密に、わたしの所属するチームにのみです。


=========================


まずね、重いです。

そこの受け取り方は個人によるかと思いますが。


=========================


内密であることが、とりあえず嫌ですね!

そして、額を計算すると、社内全員にちょっとした夏のご褒美的な額ぐらいは出せること。


=========================


以前勤めていたところ、わたしの部門はわたし1人だけでした。

面白いほどに収入、あがってました。


でも、嬉しくなかった。

そこで普通に喜べなかったのです。


=========================


これは人によれば贅沢なことなのでしょうけど、、


=========================


悪くいうと、死ぬまで働け、です。

数値目標を全力で達成しろよ、です。

良く言うと、君たちに全力で期待してるよ!です。

期待してくれているから、払いたくなってくれるのです。


=========================


それが嫌で嫌で仕方なかった。

だってね、私は好きでしてませんから。

ひーひー言いながらしてますからね。

家族を背負っている方なら捉え方はまったく変わることは多々あるかと思いますが。


=========================

 

偏って渡すなら、額は減っても全員に分配する方が、全体の底上げになるのではないでしょうか。


社員が10名でも越せば、1人でやれることなんてなくなってくるじゃないですか。


部門がどうとか、関係ないかと。

みんな前向きになれば、他部門の仕事にも、協力してくれるようになるじゃないと。


=========================


つくづく、雇われる側とそうでない側は違いますね。

わたしは、おかしいことは言ってないと思います。

でも、だめなんです。

雇われる側がなにを言っても、所詮雇われる側でしかないです。


月々のお金をいただいているのです。

それらを捻出することは、実際大変なことなのですから。


=========================


なので私の考えは置いておいて。

こんな重たさも感じつつ、更に重たいことがあるのですよ。


=========================


1ヶ月後に、辞意を告げるつもりです。

チームにだけ!秘密だよ!な寸志をもらっといて、辞めますとか言う予定なんですよね!


=========================


念のため、いただいた寸志は手をつけないように。そっと引き出しの奥にしまっておりますが。

気にしなくてもいいのでしょう。

もらっておけば、よいのでしょう。


残念ながら気にしてしまう性質なのです。


=========================


それもあって。。

チームだけ寸志全力で、もらいたくなかった。もうほんと、やめてほしかった。


でもわたしが突きかえすと、他の貰いたくて仕方ない人からリンチですよね!


=========================


はあ。どうしたものでしょうね。

人間関係のしがらみ : 人はあてにしない。

もう組織で働くということをやめる。


そう決めて数ヶ月。

まだ組織にいますわたし。


謎の責任感はある方なんですね。

ただ、自立して稼ぐ準備は、飛ばし飛ばしながらしてます。


突然自立し生活費稼ぐだなんて無理な話なので、まずは器の準備を整えましたよ。


あとは取り掛かるだけの状態ですね!


ここで一つ問題が出て来ました。

組織の仕事が忙しすぎて、心身搾り取られているということです。

ここにいる限りやはり無理と結論が出ています。


なので、週数回のバイトなりなんなりを探し、ここは離れるという選択をします。


そのバイト、合間見つつ探しているのが今です。



独立して自分でやりたいという人は、大体、致命的に組織に向いていないのでしょう。


私もそうです。また更にそれを思い知らされました。


私は、後輩の矢面に立つ気はさらさらありません。


そして、上司のいうことを聞くのも嫌なんですね。


好きでもない、好きになれそうにもない人間のために働きたくない。


でもこの二点は雇われている限り文句は言えないところなんですね。

後輩や上司がどんな人間であろうが、組織で働いてる限りそれは選べないです。


なぜなら、そうすることでお金をもらっているから、です。それもお給料のうちです。

上が整えた会社という組織の中にいるのですから。


人間は選べない。


その中でどうにかやっていくことも、雇われ人の役割です。


わたしが社長なら、「いやならやめろ」で終わらせますね。



タイトルのことについて。


わたしは人を信用していません。

仕事的な意味で、です。


人間は誰でも間違えます。

そして平気で人をあてにします。


間違えるというのは、どんな言い訳をしても、間違えているという事実以外ないんですよね。


ならどうするかということです。


こんなこともあります。

指示を仰いでいた人間がおらず、自身が代理として決定をくださなければいけない、という局面です。


大変なことですよ。

ただ、そうなってしまったからには、やるしかないですよね。


その人間と話したこと、自身の考え、全体を見る。


これを踏まえて自分が決定を下し、どのようにしたかということを、調整して話す必要のある時があります。


後輩はそれができませんでした。

最後まで、「この人はこう言ってたけどわたしはこう思う。でもわかんない。どうなんですかね?」を繰り返すのみでした。


それを言ったらおしまいでしょうという場面、そして相手がいます。


そこでやっちゃった。

フォローは入りましたが、、

新卒ならいざ知らず。


その判断ができない、ようです。


後から言ってることを聞いても、


その場面で、決定することが後輩に任されている仕事であるということを、彼女自身は理解ができていませんでした。



人をあてにしない。


あてにできる時はやってもいいですがね。

その切り分けはいります。



この後輩の矢面にだけは絶対に立たない、と新たに決意してしまいました。



彼女の矢面に立たないなら、わたしはここの組織的にはNGです。


もうそんな立場なのです、わたしは。



そして、自身もまあ、あてにしてるんですね。

後輩に対して、いや、そこはそうでしょうとかね。。

上で書いたように、そうするべきだろ、と。


彼女からしたら、自分が不幸なはず。


文句はかなりでてくるはずでしょう。


正統な理由を彼女も持っていることでしょうから。



このループを断ち切るには、もうね、選ぶ方にまわるしかないんですよねえ。


心底いやです。

組織にいながら、組織あるあるな文句を言い続けること、ストレスをためること、もうたくさんですね!




さて、よいとこ確保できればよいのですが。。





婚活:この人といると自由でいれる

そんな人と、まだ出会ってないかもしれません。。

 

嫌われる勇気という本に書いてありましたが。

 

婚活ではもちろん、今までそう思える相手と付き合ったことはないです。

 

今までは、私が見上げるほど仕事ができる相手、かつ私を肯定してくれる相手。

この人なら正しいと思える相手、でした。

 

依存前提になってたなあと。。

あなたに従うから、あなたには正しさを求める的なね。

 

でも、私だって嫌なこともあるし、正しい人間なんてこの世に存在しないし。

無茶な要求、相手にしてたようです。

 

では、自由でいれるってのはどうゆう意味なのだろうかと。

肩の力が抜けるとか、そんなことですかね。

 

なら、今お会いしてる方の中にはそれはいないです。。以前のように、依存前提でもないので、混乱しております。

 

いま、どちらがいいのだろうか?という岐路なのですよね。

ちょくちょくやりとりしてる、お会いしてない方もいらっしゃるのですが。。

 

Aさんは今の仕事は辞めなさいよ的な感じ。

ただ、わたしは専業主婦には確実に向いていないし、社会とはどんな形であれ触れていて欲しいのだ、とのこと。

パートでもいいし、究極働かなくても自分の世界は持っていて欲しいそうです。

子供は特にこだわりもないし、出来れば出来たで授かりものだから頑張ろうと。

生活ではずしたくないことについては、Aさんと合います。

お相手の年収がどれほど高くても、少しは外の空気を吸わないと、腐りそうなのですよね、わたしの場合。

Aさんは婚姻歴があるので、生活においてはものすごく現実的でした。

 

Bさんとはそんな話しはできてません。

恐らくそこまで考えておられないと思います。

ただ、彼とは歳も近く、趣味が恐ろしく合います。たぶん感覚も相当似てます。

ただ、趣味では合わない部分もあるんです。

程よいバランスかと思います。

わたしには知識がおよばない範囲のことに打ち込んでいるので、新鮮にお話しを聞けるんですね。

私は楽といえば楽だけど、Bさんは私といるときにかなり緊張されてるように思う(⌒-⌒; )

それが伝わるんすよね。。

 

生活の条件ではAさん

趣味、感覚の相性ではBさん

 

こんな感じでしょうか。

 

しかしもっと探してたくさんお会いしたくても、わたしが疲れ果てているので、時間がないんです。切実に。

婚活は、年収は女性も少しはある方がよいでしょうが、圧倒的に時間が必要だと、感じております。。

 

自由でいれるという意味はよくわからないけど、とりあえず、、Bさんは結婚したことはないし、彼女さんがいたこともないかもしれません。

だから、現実を見てもらおうと、料理写真はぽちぽち送ってます。

 

その現実とは。。

 

 

ネットや婚活の場にあふれるカフェ飯的なものを働きながら毎日作れると思わないでね!むりむりむりむり!

 

 

上記を、コンセプトにしてます。はい。

とりとめはありません。

好きになれないタイプの異性

SNS

 

40代より上が対象です

 

自分のことをアラフォーだのアラフィフだのとプロフに書いている人。

しかも絵文字もついてたら、もう無理です。

そして語尾に必ず  ♪  とかつける人。

語尾がカタカナの人なども、拒否反応が出てしまいます。

 

年齢が、いやなのではないです。

むしろその年齢の方々は好きです。

 

年相応でないことをしてるのが、いやです。

 

普通でよいんですよ、普通で。。

ほんと、、自分でアラフィフ✨💦とかする男性、なんなの。。

 

 

 

婚活:気になってた人に会ってきた

かなり趣味が合うし、年齢も近いし、やりとりも楽しい人とついにお会いしました。

 

外見、写真と違う!正直、、ださい!笑

どうしよう、無理かもしれない。。

と思ったのも、つかの間。

 

噛み合うか噛み合わないかというと、、どちらかがぶわーと、しゃべる

それをうけてどちらかがぶわーと、しゃべる

 

そんな感じでした。。笑

噛み合ってはなかったかもしれません。

 

総合、外見は残念でした。

だけど、なんというんですかね。

また普通に呑みにいっても、楽しいだろうな!て予感がします(´∀`*)

 

集中してのめりこみがち、というところが似ているので、すごい楽ではありました。

喋らなきゃいけない感もなくです。

 

今日は1日外を出歩きましたが、夕方あたりにこの人ともう少し話したいなと普通に思うようになっており。

ぼーっとしてると、次のお誘いくれたんです!

嬉しかったー!

 

外見は残念です!

でも、外見ではないですね、ほんとに、、!