そして、どうでもよくなる。

手いっぱいで、あれこれ考えて、疑心暗鬼になったり辛くなったり。

 

そんないろいろを経て、最近誕生日を迎えました。

 

その辺りから、どんどん、今まで考えこんでしんどくなっていたのはなんだったんだろう!?てほど、すべてがどうでもよくなり、あと少しでこの会社に通わなくていいんだという喜びの方が大きくなり、にやけが止まりません。

 

もう、引き継ぎというかなんというか。

大丈夫、後の人がなんとかするよ^ ^

そんな思いしか出てこないです。

 

一応メールにまとめてやっておきますけどね!

もう別にいいや。うん^ ^

円満退職ができない理由 | ブラック企業

晴れて円満退職にはなりそうにない私が、円満退職につまづいた原因を振り返ります^ ^

 

あのときこうすればよかったんだなという反省を兼ねて。

 

辞めたいのに引き止められている方の、ひとつの参考になれば。

 

お仕事を投げ続けられており、孤立無援状態の方に特化しています。

 

 

◆ あとへの責任感と、上司の行動を信じたことが、すべての失敗の元だった。

 

退職を告げた際、次のいずれかの言葉を放たれると、話しは通じないと思いましょう。

 

1. あとはどうするんだ

2. まわりへの迷惑は考えたか?

3. 退職なんて許可しない

  

その他、激怒する、泣かれるなどもあるやもしれません。

聞いた話では、損害賠償などを口にする方もいるようです。

給与アップもあります。これは、給与に不満だという本音がある場合は有効でしょうけども。。

友人知人の話しのみですが、結局辞めると口にしたからには、給与がどうとかの問題ではなくなってることが多い印象です。

 

 

こんな感じのことを言われた時に絶対に口にしてはいけないのは、譲歩案です。

責任感がうずきますが、ニュアンスでも出してはいけません。

 

言い切らなかったとしても、丸投げが常であった上司は、驚くほど自分に都合の良い風に解釈します。

 

「まだ働いてくれる」

 

こんな風に思うみたいです。

恐ろしい話ですが、つぎの勤務先が決まっていてもです。

 

そんな彼らは、基本は退職する人間のためには動きません。

 

それどころか、更に仕事を上乗せしようとすることさえある模様です。

 

こちらは期限を切り、辞意を伝えているものですから。当然、退職するつもりです。なので上乗せされる仕事や、辞めると言ってるにも関わらず参加させられる打ち合わせには非常に困惑します。

辞めるんですよ。そんな新しいことに参加など出来る立場ではないのです。

 

なので、退職者は在職者から見ると不審な行動をするようになります。

 

 

このわけは、上司は、譲歩案を「やっぱり続けるんだね!」と解釈しているところがあるからです。当然、周りには伝わりません^ ^

 

気付くと退職日が迫り、ちょっと待ってようそでしょ!?となり、周りに無理な引き継ぎを行うはめになります。

 

 

退職者もそうだし、残る同僚も最低な気分になりますよね。

 

なので、上司の第一声で話しが通じるか否かを判断し、責任感を早めに捨て去った方がよかったのです。

 

退職話が長引くと、どんどん会社の本音がわかります。わかりたくないことまでわかってしまいます。

 

こんな記事を見つけましたが、その通りでした。

 

◆会社を辞めるとき、その体質が全てあらわになる

https://sakagami3.com/entry/2017/07/22/202126

 

引用させていただきます。

 

印象に大きく残った箇所はここです。

「うすうすわかってたけど、やっぱりこういう会社だったんだな……。」

 

そして、こちらです。↓↓↓

 

このように自分に思いがけない突飛なことを言われた場合、議論の余地もないということはわかっているので、人は何も言わずにそっと離れていきます。

そして、二度と関わるのはやめようかなと思います。

 

↑↑↑↑

 

話しが長引くたびに、いろんな事実を突きつけられます。そして、けっこう嫌になるものです。

退職者の会社への株、大暴落です。

暴落を起こした後に辞意を告げている場合、さらなる追い討ちが待っています。

 

ましてそこで、譲歩案を最初に匂わせてしまっていると、もう大変です。

 

譲歩案を「退職すると言いましたけどなんとかなるまで続けます」という解釈になっている上司。

 

譲歩するつもりが、「もう二度と関わるのはやめよう。辞める決断は正解であった。」と変わりゆく退職者。

 

そんな状態でまともな引き継ぎを行えるものでしょうか。

 

引き継ぎを受ける相手もたまったものでなくなります。とんだ迷惑ですよ。

 

万が一送別会があっても誰が出るか!という気分になります。

同じく残る従業員側も、誰がお前の送別会なんてやるか!という気分にもなるでしょう。

 

もうすべてが最低です。

 

というわけで、譲歩するか否かは、第一声での判断が必要でした^ ^

 

改めて文字にすると、この3つはすべて、会社の都合以外のなにものでもありませんね!

 

1. あとはどうするんだ

→それを考えて後継は誰かの指示をすることが上の仕事です。私の仕事は今後会社で行わないなどでも、構いません。判断は、上がすることです。

 


2. まわりへの迷惑は考えたか?

→もちろん考えました。その迷惑を最小限にするために、早めに告げております。そこから先は1です。

 


3. 退職なんて許可しない

→明日から来ないと言ってるわけではありません。労働基準法がありますから、関係ありません。

 

 

ブラック企業で1人疲弊してる皆さん、辞めると決めた際の参考に^ ^

 

 

新規採用でもなんでも、後継者は誰かの指示をください。これを貫き通せばよかったなとの反省記でした。

 

ほんと馬鹿だったなあ、私。 

 

ここに書いたことは私の体験談そのままではありません。が、流れはこんな感じです。

 

 

またいずれ、私はこれで株が暴落してしまいました!という言葉をまとめて書けたらなと思います。

 

どこにでもあること

直接言えないから誰かを挟んで言ってもらおうの応酬。

 

組織内でやるなら、この応酬に付き合わないと、やりづらくなる。

 

この応酬に付き合うのが嫌だということ、そしていますぐクビになってもいいやというぐらいの考えで、わたしは現在ボツ交渉中。

 

退職後、この会社から仕事をもらいたいなら、交渉はするんですけど、今の場所にいればいるほど、この会社からの仕事はなくてもよいという思いが膨らんではちきれそうです。

迷惑はかける

退職するなら絶対周りに迷惑をかけちゃいますね。

 

私はきちんとした引き継ぎなど受けたことがありません。

 

そのおかげで得た前向きなことは、どうやら人と話すこと、自分の頭で考えること、なようです。

後ろ向きなことは、誰しもそれは当たり前にやることでしょ、となってるところですね。 

 

いまやりとりをしているとある取引先があるのですが、最近担当さんが変わりました。

 

たぶん、引き継ぎは行われていません。

なぜなら、以前の担当さんと話していたこと、以前の担当さんがされてきたことが、なぜかまたゼロに戻っており、同じ質問をされたからなのです。

 

担当さんが変わるってこうゆうことなんだなあと改めて実感しました。

逆に少し勇気をもらってしまったです。

 

そりゃ、そうなりますよね。もう、仕方ありません。

人が変われば、変わるものです。

 

そして、私はもう少し落ち着かないとです。

 

できるだけで周りへの迷惑は軽減したいのですが、迷惑はかけます。

 

ほんとに辞めるの?だのなんだのいろいろ言われているのですが、辞めます。

 

残された人の気持ちを考えろと言われても、辞めます。

 

仮に私1人辞めたぐらいでぐらつくのなら、そこは会社の問題でしょうとしかやっぱり出てこないなあ。

 

私が辞めるとその後の人間も会社に不信感を持って辞めるなんて言われても、それは私の感知するところではないとしか。

なにを言われようとも自分の人生の方が大事だしなあ。

 

書いてると、頭の整理ができてきました。現状を見てできるだけのことはするつもりだけど、決めている期日を超えたら、それ以上のことはできません。。

 

日本経済、デフレ、その先には

ここ数年、薄ぼんやり思うことがあります。私はアパレルなものを売る仕事をしているのですけども、値下げ、進んでます。

 

モノを売るときは一応リサーチなどをするんですけども、ほんとに安いですね。

 

消費者としては嬉しい限りなのです。

でも、会社としては?と思うと。

 

我が社は、価格帯は1万円前後。

この値段だと、そこそこの立ち位置のブランドさんでないと厳しいです。

 

そこそこの立ち位置のブランドさんは、まずは、いいところで売ってます。

百貨店しかり、きれいめなモールしかり。

 

そうでないと、今のご時世ではけっこう辛い価格帯がこれです。もうびっくりするほど売れないです。

 

人生で一度も経済を学んだことがないのですが、会社に勤めつつ戦慄していることが一つあります。

 

それが、タイトルなことです。

ものすごく単純なことなのですけど。

 

安いものしか購入できないお財布事情なのですか?

それとも、お財布事情はそこまで悪くはないけど、アパレルという分野では安いものしか購入する気にならないのですか?

 

私は、実はずっと後者です。そして、もうすぐ前者との合わせ技になることでしょう。

 

アパレルという分野にそこまで自分の収入を注ぎ込む気にはなれません。

会社としては「やめてくれよ!」と叫びたくなる人種、それが私です。なんとそんなやつが働いてます。

ユーズドで充分です。ZOZOUSED、最高です。もう大好きです。

下手に安いものを買うより、いいとこのブランドさんのユーズドの方が長持ちするしね。

 

こんな感じのことを私だけでなく 、ほぼ大半が考えるようになるであろう土壌は既にできております。CtoCなアプリ、すごいですよねえ。。

 

こんなのもあります。

現在オンラインでよく出回っている、やたらと安い服や靴。オンラインだけでなく、実店舗もぐっと増えてますね!

安いの増えてるし、目で見て買えるし。服にそこまで高いお金注ぎ込む気になれない。安いからすぐいたむ?安いからしかたないね!いたんだらまた安いの買うわというパターンもあります。

 

バイトの学生さんとかなら、よくわかるんですけどね。

うちのお客さまも、昔は高くて質のよいものを買っていたけど、最近は安いもので充分だてこと言ってたりしますもの。

安いからこっちで買ったよ!とかね。

 

こうなると、日本のアパレルはもう終わりを迎えると思いませんか?高いものは質がよいから高いのです。また、ひとつひとつの売り方でさえ、時間をかけて頭を使ってやってますからね。

だけど、お財布事情など様々な理由で、高いものはなぜ高いのか、ということに価値を見いだせなくなる人間が増えたら、、、ですよね。

 

服や靴、カバンなどが購入されなくなるという事態にはこれから先もならないと思います。

 

ですが、製造や物販は、ある程度の人員を抱える企業さんはもうこれ以上やっていけなくなるのではと思うのです。

生き残るのは一握りのブランドさんだろうなあと^ ^;

 

こんな恐ろしい事態を突破するために雇われているのですが、思い浮かばないのですねー

 

会社の人員を食わせるほど、アパレルで稼ぐ方法とか、どうすれば笑

まず、会社から買ってもらわないと!

 

1人食うだけでよいのなら、いまの会社にある材料使わせてもらった上で、いくつか案は浮かぶのですが。

 

または、賭けですね。

ハイリスクハイリターンなやつなら、浮かびます。

許可出なかったですけどね笑

所詮これが私の器なのでしょう。残念なことです。

 

そんな感じで低価格化が日本で進むと、企業はよいものを作れなくなります。

低価格ということは、利幅は薄いです。

薄利多売な世界ですね。

人件費や販管費をけちることでどうにか成り立つようになりませんか。

 

人件費を削減するという考えは、企業ならではです。

人件費を削減されてしまった従業員は、会社を離れると一個人となります。

 

一個人としては、人件費なんて削減されちゃうと、普段の生活費を切り詰める他ありません。

 質がよいとわかっていても、価格の高いものを買うことは無くなるでしょう。

 

そんな人たちが増加すると、またさらに値下げ。

企業はさらに圧迫され、リストラなんかも増えちゃいます。

すると、リストラされた方は?

 

そりゃ、CtoCアプリなんか使って、自分が過去に購入したものを定価より安く売ろう、それで当面どうにかしようなんて考えることもありますよね。

いま、誰でも出来るようになってるんだから。

 

数年薄ぼんやり考えていることは、こんな事象です。

 

低価格、CtoCがいまよりもっともっと流通したら?

人件費削減される側、リストラされる側がどんどん増加したら?

 

 

仕事への執着

わたしは、ある方です。

引き継ぐにあたり、これはやるけどこれはやらない、少しづつということは、守るつもりでいます。

 

 

その引き継ぐ仕事のうちのひとつで、これは裏はとっていないのですが、、

 

それ、嘘をついている可能性が高いな!ていう不思議なことが起こりました。

 

とりあえず表面上わたしが悪かったよーと謝りましたが。

 

その件については、もう投げようと。

わたしがややこしいことをしたからだね、で通しました。

そのあと、どう出るかです。

ほんとうに腹が立ってしまいましたが、これはもう、そんな風に納めたので仕方ありません。自分が引くべきとこだなーと。

 

もうひとつ、これは私がやっておいた方がいいということが出ています。

そこはやります。間違いなく。

ただ、嘘をつくということを考えて、なにかしらのことは対策しておいた方がよいのか?です。

 

でも、もうめんどくさいので、しかもわたしは辞める人間なので、知るかよという気にもなってるんですが。。

もういいよなあ。

 

もういいよ!と誰かに言って欲しい夜です。

仕事で嘘をつく。

 

そして、その場にいない人間の名前を出せるやつと仕事をしろだなんて無理だ。

さよならの準備

もう、手は出しません。

が、不十分であるというところだけは、こそっとやろかなと思います。

 

まず、間違いなく、私がいなくなれば売り上げは落ちるでしょう。

元上司がいなくなってから、売り上げが落ちたのと同じです。

全力で支えてくれていたもの、わたしはきちんと引き継げなかった。

あとのものにも同じことが言えます。

 

ただ、もっと下がるかと思います。

様子を見ていると、まず、担当レベルではどこかで考え方を切り替えないと。。

です。

 

さらにその上の会社の体制にも、問題はかなりありますが。

 

もう、これをしたら売れる!

これを試してみたいのだが?

などは諸々あるのですが。。

 

自分の時間や人生投げ打ってまでやりたいかというとそこまででもない。

半端に手を出して、引き継がせることができるかというと、、

担当の質的には困難です。

 

なので心を鬼にして、やめるにあたり丸投げいたします。

言っても聞かない、意味も通じない、そしてなにより、自分の仕事ではないと頑なに思い込んでいます。

 

まずそこからなんですよね。。

 

私が関わると延々とやりませんから^ ^;

 

さよならの準備です。

もう、ここの仕事を愛せない笑