正社員時のわたし、無職のわたし。家族への関わり方

もうひとつ、無職なわたしに変化。

 

ずっと働き続けてきたとき、親へのあたりがきつい人間だった。

大いに親の責任にしたいけど、、お互いさまだ。

 

細かいことは置いておく。

 

いま、わたしの親へのあたりは、今までにないほどに穏やかだ。

ひとつは、いちいち反応しなくなった。

もうひとつは、母親が、やさしくなった。

 

 

正社員時、常に腹が立っていたし、常に承認を欲していた。

身内に対しても、友人知人に対してもだ。

 

お金はあるし、保険などの公的な費用も払っている。それでも私は常に、アッパーな感じの焦燥感にかられていた。

 

常に焦っていたし、常に疲れていた。

 

親の一挙一動に腹が立っていた。

そして、特に働こうとしない人間を羨んで、貶めようとした。

 

いまはダウナーな感じなんだけど。

ダウナーに焦っているし、ダウナーに疲れている。

ただ、いまさら親に当たろうとぜんぜん思わない。働いていない人をやっかむこともない。そうゆう点では、心穏やかだ。

 

常にあがいてきた。

結果見えたことは、親は私の育て方を大きく間違えてくれていた。

特に母自身が社会不適合気味、今でいうところの働いていてもかなり浮いている感じだった。

 

母の育った家庭を聞くとこちらも大きな問題がある。子供が健全に育てる家庭ではなく、いつ見捨てられるか常にビクビクするしかない感じだったようた。

わたしは幼少期より、母親からそんなことばかり聞かされていた。

 

家庭では子供がびくびくして、捨てられまいとして親の言うことはなんでも盲目的に聞くというのはけっこう異常だと思う。

でも、それはそんなにおかしくないという見方を持っていたようにも思ってしまう。

 

実際そんなことも、よくあった。

私だってそうやって育ったからあなたもそうしなさいと言う圧があった。

 

父は人のことを包み込めるようなタイプではない。自分しかいないタイプだ。

 

引き継いでしまったことはあるし、考え方やものの見方の修正ができなかったというのが事実なので、もういたしかたない。

 

さらに私も、引き継いでしまったこと、それを自身で修正しようとして失敗した。そのおかげで、いまのわたしができたのだ。

 

今も腹がたつときかある。親のせいにしていたとこもある。

 

だけど、だからといって、当たる気にはなれない。仕事をやめ、自然にそうなった。いまの私には、実家のやっかいになる能力しかないからだ。

そんなので人に当たるだなんて、かっこわるいしおかしい。前のような対応をする気にならない。

 

親からすると育て方の結果だという自業自得だとは思ってる。

そして、自分が結婚できたとして、子供を産みたくないと強く思う。

同じ教育しかしてやれないぐらいならよい。でも、もっと酷くなる可能性の方が絶対高いからだ。

 

わたしも、自分の考えや行動を修正できなかったという点で自業自得なのだ。

 

 

 

依存と逃避の勘違い。

正社員時代に入り浸っていたものがある。

 

ひとつは占い。

ひとつはお酒の場。

もうひとつは買い物。

 

でも収入がなくなったので、それらには今は関わっていない。

というより、そんなことに費やすお金などない。

 

私は上記3つに対しては依存ではなかった。占いだけはあるかもしれないが。

 

依存しているなら、お酒に関しては禁断症状が出るだろう。酒場に関しても気になって仕方ないだろう。それらがいまは一切ない。飲酒や酒場への欲求は、正社員〜派遣〜正社員時代に頻発していた。

 

買い物に対してもそうだ。オンラインショップからのメールマガジンはチェックしていたが、今は開ける前に削除している。

 

飲酒と買い物は、目の前の現実から頭を切り替えるためのものだった。

一言でいうと、逃避なのだろう。

 

切り替えるためには別のなにかを使う必要があった。

つまり、正社員時代はそれができなかったのだ。

行きやすい酒場を見つけ、そこに入り浸ることで自身の寂しさや、鬱憤を埋めようとしていた。

市場調査の一環として見始めたオンラインショップでものを買い漁るようになったことで、自分は大丈夫、自分はいけてるという自己愛を満たそうとしていた。

 

占いについてだけは、今も見てしまう。さすがに課金はもうしないけど。

理由は不安だから。先々が怖いから。

大丈夫と思わせて欲しい。安心が欲しい。この動機は、正社員時代〜無職の今でも続いていることだ。

 

これらのことから、自分を支配しているのは、先々への不安なんだと思う。

 

誰かに決めて欲しい、正しさの物差しが欲しいという不安からくる欲求が非常に強い。

 

この部分を追求してゆくのはしんどい作業だ。

 

今は私は絶望している。

独立してやると息巻いていたんだけど。

単一化して、周囲と協調し、足並みを揃えることが根っから出来ない性質なのだという事実を、受け止めだした。

そんな人間は、食い物にされるだけではないのか。

ならばその状態を享受し、食い物にされるなりに幸せを見出せばよいのに。

 

たぶん物事には、見方を変えるとすべてが変わるという側面はある。

例えば、社会と関わることを避け、実家でずっと生きている人がいる。

結婚もしておらず、働いたことがないという人は私より上の世代にもいる。

その人は、毎日必死で働いている方からすると、許せなかったり見下したり、そしてシカトするという対象になる。

 

でも、本人は不幸なんだろうか?

そこで暮らせる環境があるから、働かない選択をしているのだ。

余分な資産があれば嗜好品を買うだろうし、どこかに旅とか行くだろう。

そんな資産がなくても、最低限生きていくだけのものはあるのだから、その生活が成り立つのだ。

 

社会保障や日々の食うものや光熱費などは自分が金銭を産み出さなくとも賄えるから、そんな暮らしが成り立つのだ。

 

割りを食うのは親であったりするし、周りはたまったものではないのだが、そんなの一側面に過ぎない。

 

社会保障額は、収入に対して決まる。

本人が借金を抱えていても、散財をしていて貯金がなくともだ。

自業自得や、仕方なしにといったソフト面などは、考慮していられないだろう。

 

ハード面ではそんな割り切りをする他ないだろうけど、本当は、働かない、稼がないことが、正しい、正しくないの二項で割り切れるものではないように思うのだ。

 

そんなにきれいに割り切れるなら、なぜ働かない人、働けない人、働いている人、働きすぎてる人が社会に混在しているのか、疑問に思う。

 

でも、はっきり言ってそんな風に生きれることはほんとに羨ましい。

年間に、稼ぐ額が10万を切っていても生きていける環境が、その人たちにはあるという事実が羨ましくてたまらない。

 

働くことに対して支障がない人間は働き、社会を回すのが理想だ。

そうすれば世の中健全に回るだろう。

 

でも、さまざまな事由で無職であったり、収入が激減する人が後を絶たないのが現実だ。

 

そんな現実を踏まえて改めて。

自分がなりたいのは、働かない人だ。

静かに好きな本を読み、なんらかのアウトプットをするだけで生きていける人だ。個人的に興味があるし、やりたいことも出てきているのだが、日々最低限の暮らしがないと焦りで消耗する。

 

生きてるだけでお金がいる。

お金がない環境で、好きにアウトプットなんて出来ない。

 

だから、自業自得であれ、生まれ持った環境であれ、お金がない人間はなにかをする必要が出る。無理矢理にでもだ。

 

ずっと、私はなんでもやってきた。

自分を削って働いてきた。

削るというやり方しかできなかった。

 

なら削るだけ削ってお金を貯めていられればよかったけど、ダメだった。

 

フル稼働で働き続けるには、前述したような逃避、依存となる対象が私に必要だったことが現実だ。

仕事に依存して消耗し、消耗を少しでも満たすために別のものに逃避するというループが正社員時代の自分であったのだ。

そんなのでお金が貯まるはずもない。

 

いま、独立な話が出てる。契約日は決定済みだが、具体的な時間はまだだ。

注意して読もうとするところも捻り出した。もしこの契約が不利な場合でも、余程のことがない限り受けてみるしかない。いまは。

 

自分という人間に関して言えば、なにをしても出口は同じだとやはり思ってる。

諦めに近い。

 

私は一切働かずに生きることが出来る環境にはいない。最低限のバイトはせねばなるまい。

 

正社員のプレッシャーに耐えられず摩耗した。仕事はこなせるのだが、摩耗して逃避するのだ。結果お金はなくなる。派遣や委託よりは安定はするが、先々続く保障など、ない。正社員神話は絶対に崩れてゆく。

 

派遣も委託も契約に縛られるのは同じ。

派遣の方が面倒な手続きをしなくてよいし、社会保険の本人負担が減る、雇用保険に入れるというもので、それは大きいけどね。

 

今後一番注意したいのは、摩耗による逃避だ。あれは、洒落にならない。せめてお酒と過剰な買い物は今後の人生避けてゆきたいものだ。どれだけ使ったのかわからない。

飲むときは、溺れないぐらいがよい。

 

摩耗せずに自己管理をして働く。これが労働にあたり、当面の私の課題である。

 

嫌でたまらないのが本音

本音を突き詰めると、私は働きたくない。なぜ働くかというと、お金がいるからだ。

 

お金の問題が解決されるのなら、絶対働かない。好きな勉強をし、好きな研究をし、それをブログなどでアウトプットして生きることを選ぶ。

そのアウトプットが、どこかの誰かの役に立てばいいのにと思う。

そこで金銭が発生するならいうことはない。

 

お金を稼ぐことを目的として生きたくないことが本音だ。

 

でも、生きているだけでお金はかかる。

税金や社会保障などは、自分にはかなりの負担となってしまう。

けっこう稼げていたけど、日々のストレスで占い、飲酒、買い物にはまり、貯金はほぼない。

 

おかげで今は貯金も恐ろしくギリギリなので、財布の紐は硬い。

 

しかし社会保障などの公的なお金は私を追いかけてくる。

両親にとっては、私が家にいる時点で負債だ。

だから自分でどうにかやるしかない。

ただ、いつまでもはやれない。

安心: 連絡がある

契約締結日について、連絡が来ました。

 

ノートパソコンに関しても、解決。

ノートパソコン用意しなきゃ契約しないという感じなのかと割に本気で思った。

 

となると購入する必要が出てきますが、たぶんわたしは釈然としない思いにかられることでしょう。頭では納得しても、です。

そもそも常駐で委託だなんて、時間の自由が利かないではないか。

しかも諸々の事情で、たぶん委託にしては安い。

自分でやることが増えるゆえ、手取りも勤めている頃に比べると減る。

それでもうけたのは自分で、業務委託という形態ではパソコンなどの備品をあてにできないのはたしかだ。

だが、、というループに陥っていました。常駐でパソコン必須な職業なんだから、それぐらいなんとかして用意してくれよ!です。

せめて契約内容いじって、備品購入代含むとか初回でやってくれと。。

 

 

しかし、ノートパソコン別にいいよとなれば、今後のために買おうかなという気持ちにさえなってきましたよ。活躍できるなら、デスクトップの他に業務上必要となるでしょうからね。

現金なものです。

 

頑張り次第だな。

どこまでやれるのだろうかという。

 

というわけで、ひとつずつ着実にやっていきたいと思います。

恐怖 連絡がない

先日、独立しますと掲載しました。

 

採用→お返事→そして契約締結と進む手筈です。

先に繋がりそうな独立な案件を選択し、断腸の思いで同時に採用をくれた派遣の案件を断りました。これが2日前。

 

この独立な案件は常駐型の委託です。

常駐先は誰もが知る場所であり、私の経歴では派遣でも無理というところです。

仕事内容は編集系ですが、なかなか関わることはできないものが対象です。

あんな情報を扱う仕事は、正社員でも見かけたことがないです。

 

業務委託なので、メリットもあればデメリットもあるでしょう。

デメリットは、やはり自分ですべてやらなければならない、会社が守ってくれないというところです。

 

私は通常の雇用形態で働くことが苦しい性質を持っています。

入らないとわからないとは、常駐でも派遣でも、直雇用でも同じですが....

 

正社員として入社して、やれる自信がないです。相当な場所でないと、また辞めてしまうのではないかという恐怖が、自分でもあります。

 

なので、契約内容を何度も確認し、仕事内容、業種を考え、やっていければ身につく経験の大きさを比較して考えた末、派遣を断ってまでお返事をしました。

 

しかし、昨日電話。

内容はノートパソコンは持っているのか?とのこと。持っていません。

なのでありのまま伝えました。

 

しまったと思いました。

今まで会社に備品を用意してもらうのが当たり前過ぎたんです。

常駐とのことなので、パソコンあるのは当然でしょと思っていた。

 

委託なんだからそうではないですね。

 

それから、今日に至るまで連絡がありません。昨日の今日だけど、気が気でありません。

 

もしかしてなくなった?この話なくなった?と不安です。

だってこの話のために、もう一件断ってますから。

 

もう2度とあの派遣会社にはお願いできません。私は確実にブラックリストでしょう。そして、エントリーしていたよさげなところも断っています。

 

でもこの話しがなくなると、また、定着なお仕事探しをやらなければいけない。

失業保険の講習なんかはまじめに行くようにしますが。。

この、また、始めないといけないところに恐怖?なのでしょうか。

いま、すごくもやもやしています。

ノートパソコンあるのか?の質問。そしてそこから音沙汰なしということに。

 

 

 

独立することになりました。

唐突に、そうなりました。

一応、よく考えました。

今できる限りで、考え抜きました。

しかし、お仕事をいただける。先につなげられる。

 

そして、自分次第で変わるということについては、派遣社員でも自営業でも、あまり変わらないだろうという結論になりました。

 

もうひとつの選択が、正社員。

が、私はもう中小企業でしか無理です。

中小企業では、正社員という形だと、気付くと業務は雪だるま式に増えてゆきます。もちろん拒否をしてもよいのですが?ばれないように、さぼるということもやれますが。その要領を見つけ得なかった。残念です。

そして、中小企業によくあるしがらみを乗り越えられる人間スキルがないんですよ。

ほんとに、これはもう如何ともしがたいんです。経験してきたのはアットホームな会社です。和やかにやっていけます。

 

でも、小さいゆえ目立つ謎の派閥や、目に見えないものに振り回されて仕事が大きく滞ること。

狭すぎるがゆえに陰湿、でも表面は笑顔なんだよ、というのがトラウマです。

私は気付くと責任者な立場になっていたのですが、そこ、乗り切れませんでした。

 

責任者ゆえ密接に関わるあの人間関係。もうやめてくださいと心から思っていました。うまく乗り越えられてれば、辞めなかったでしょう。

そして多種多様すぎる、先に繋がりづらい業務が集中しなければ、それでよかったんです。

たしかに、残念です。

 

大企業には勤めていないのでわかりませんが、感覚で申しますと、中小企業の正社員に安泰の文字はありません。

 

特に私の職種は、日々が戦でした。

のほほんとやってたらのほほんと1日が終わるという単純なものではありませんでした。

 

マーケティング的な業務も行いましたが、将来にむけ何度背筋が寒くなったか。正社員は安心だなんて、、中小企業には当てはまらないんだなあと心から感じていた次第です。

 

そんなわけで。。

自身の性格でも経歴鑑みても、これから心や仕事の安定を求めるなら、独立という形で活路見出すしかないんじゃないかという判断となり、今回のお話を受けてみた次第です。

 

 

 

 

 

私の場合、今回のお話は中小での経験を買ってくれた節はありますが、実力ではありません。

 

正社員で、また業務に埋もれていくことは嫌だし怖い。自分でやりたい。将来独立したいと口に出していたのは効いたかもしれませんが。

 

基本は、派遣で探していました。

独立、唐突なので、正直怖いです。

契約締結は、今年中。

数日後になる予定なのですが。

 

選んだから、進みます。

 

Web系職務における派遣会社の存在を好き勝手に書きますよ。

派遣会社が間に入ることで更にややこしくなっていないか?という疑問があります。

 

私はいわゆる一般事務派遣は受けていません。

とゆうより、事務職は正社員で、とんでもない零細企業でしか経験してません。

 

なので、一般事務派遣がいったいどんな倍率で、どんな仕組みがあるのかはわかりません。

ややこしくなっていると感じる職種はWeb系です。ディレクター、サイト運営、デザイナー、フロントエンドなど。

 

ぼろぼろの職歴ながら上記は齧っているので、昼の仕事はWebで探しています。

 

 

これらの職種に関しては、どこもかしこも人不足です。会社の規模により様々な事情があれど、派遣であろうがなんであろうが、募集においては、派遣でも正社員でも制限なしである印象です。

 

もう少し細かく言うと、人不足=仕事ができる人不足です。

なりたい人や経験者はたくさんいますが、企業の求めるスキル、経験とマッチしていないんです。

 

慢性的な業務過多により、仕事がやれる人が欲しいけど、なんの仕事をやれる人が欲しいのかさえよくわからない会社はけっこうあるようです。

少なくとも前社はそうでした。

 

仕事がやれるという範囲は違います。そして、業務過多の場合、教育にかける時間はありません。

 

ましてやデザイナー職やディレクター職なんて、教育するといっても個人の素養やコミュニケーション力に依存するので、教えるには限界もあります。

 

面接をうまく乗り越えたとしても、ミスマッチもよくあると聞きます。続けられないんですね。

 

そんな中、この職種における派遣会社の存在に疑問を感じ始めました。

 

ある程度スキルが近い人を投げ込んでくれる派遣や人材会社の存在は、多忙な場合非常にありがたいものです。

 

でも派遣の定義は「決められた仕事」です。

 

自分たちで人選〜面接までやってられないほど業務過多に陥ってる場合、決められた仕事を用意してあげられる余裕があるとは考えづらいです。

 

求人に書いてあることも、ざっくりなことが多い世界です。

たしかにそのようなことをするのですけど、ただそれだけでやれるやれないの判断はできません。

 

もっと性質が悪いのは、求人に書いてある内容が、後から落ち着いて考えると必要としているのは、また別のポジションであり仕事であったというオチです。

 

こんな時の求職者のがっくり具合は並大抵のものではありません。

嫌になります。そうなる事情を察することはできるようにはなっていますが。

 

時間の無駄感がもっとも高くなる不採用理由、肩を落としてしまいます。

 

まず、募集のある職種を確認してから行くのです。顔合わせでもそんな説明があります。その説明の時点でも、あとからの時点でも、内容が変更になるというのはきついものがあります。

 

それもこれもすべて、間に派遣会社という謎の仲介人がいるからではないかと責任を押し付けたくなってしまいます。

 

募集のある職種で、というくくりは、派遣会社を入れる企業には無理ではないでしょうか。

 

こんな感じのことをしてくれる人を求めてるけど、もんやりしてる現実。

だから、経験近そうと思ってくれたら一度お話しをしにこない?

長く続けて欲しいor案件ごと、など。。

求職者の経験や希望を聞きつつ、多分それは無理だけどこれはどうよ?など相談するとか。

 

これぐらいのゆるさを最初に掲げてて欲しいものです。だって業務整理できないんだから。

 

でもこんなゆるさだと派遣会社的には困るもんだから、言語化させる→無理やりだから歪みが出る。

 

無理やり言語化した情報に沿って派遣会社はスタッフを選び、スタッフも選びます。できそうなのか?やりたいと思えるだろうか?などですね。

 

あけてびっくりになると、、理不尽感出ます。直接やってる方がまだましですよ。こんなの。

 

仕事できるかどうかなんて入社するまでわからないぐらいのことなのが現実ですけどね。

 

派遣会社が間にはいることで、無駄な時間を過ごし、、そして選ばれなかったという落ち込みが増えた理不尽感。

引きずってます。。

 

企業が欲しいのは、よい人材。

言い換えると、企業にとって都合がよい人材。

求職者が求めるのはよい会社。

言い換えると、自分にとって都合のよい会社。

 

この二項でもう充分ややこしいです。

 

さらに、そのややこしさを間に入って解消するよ!そこで、マージンもらうよ!というのが派遣会社です。

 

ああ、もう本当にややこしい!